ボトルレスを選ぶわけ 環境に優しい

環境に配慮し、ボトルレスの時代へ

プラスチックボトルの消費は深刻な環境汚染を引き起こす一つの要因として、世界的で大きな問題となっています。

特に、近年中国政府が、世界中から受け入れてきた
「資源ごみ」「プラスチックゴミ」の輸入を禁止したために、
年々増加傾向にあるペットボトルごみの7割以上を中国に送っていた日本では、
ペットボトルごみの行き場を失い深刻な問題となっており、
もちろん日本だけでなく世界でも同様の問題を抱えています。

リサイクルでも技術が進歩したとはいえ、限界があり、
それ以上に消費のペースが伸びているのが現状です。

そんななか、製造、輸送、再利用に多くの化石燃料や化石燃料を元とする原料、
さらに地下水などの水資源を使い、
CO2を排出するプラスチック容器(ポリカーボネートやPET など)の
ボトルウォーターは徐々に減っていき、
かわりに水道直結型のPOU 浄水サーバーの認知と需要が
西欧や米国でじわじわと高まっています。

ボトルレスだから、運搬・保管場所・廃棄・賞味期限などはありません。

ウォーターサーバを利用することで、安心な水がいつでも飲めるようになります。
もう1 つのメリットとして、ゴミの削減があります。ペットボトルの水を購入していると、おのずとゴミが出てしまいます。ゴミ袋は無料ではないため、ゴミの量が減れば節約にもつながり、経済的です。

ところが、ウォーターサーバの利用で避けることが出来ないのが、保管場所の問題です。
多くで採用されているボトル再利用型の場合、ゴミの発生が無く経済的ですが、空きボトルの回収日まで保管しなければなりません。さらに、水を切らさないように新しいボトルを保管するスペースも必要です。
また、重いボトルを運んだり交換する際に、手元が滑ったりバランスを崩したりして思わぬケガに見舞われることもあります。

これらウォーターサーバの問題を解決出来るのが、水道直結型の浄水サーバです。
水道直結だから、水切れや保管場所、ボトル交換のリスクを心配する必要はありません。
浄水サーバで、安全かつおいしい水を飲みながら、経済的な生活を送ってみてはいかがでしょうか?

ウォーターロジックの製品は、環境への配慮を重視し、
省資源化、CO2排出量削減、環境負荷軽減を実現した浄水器。

吐水口の衛生面をも追及しており、
世界水準の安全で安心においしいお水をいつでも飲むことができます。

PAGE TOP

PAGE TOP